洗濯機の引っ越し準備 水抜きの簡単手順

引越しをする時等、洗濯機を移動するときにやらなければならない作業として水抜きがあります。

洗濯機を移動する機会はそうそうありませんので水抜きをしたことがある人は少ないと思います。

なぜ水抜きをしなければならないのか、簡単に水抜きをする方法について説明いたします。

 

特に単身引越しを安く済ませたいと思っている方は前日のうちにご自身で水抜きをしておきましょう。
手順はとても簡単です。

 

引越し時なぜ洗濯機の水抜きは必要なのか

洗濯機は通常上の蛇口から水を取り込み、洗濯後の脱水作業で下の排水ホースから洗濯に使用した水を洗濯機から吐き出します。

その時に洗濯機の中の水が完全に抜けきることはありません。
常に洗濯機の中には水が残ってしあっている箇所があるのです。

引越し・移動時にはその残った水をなくしてあげるのが水抜きという作業となります。

 

なぜ引越し時に洗濯機の水抜きが必要なのでしょうか

水抜きをせずに洗濯機を移動させようとすると

  • 水が残っていると重量が重い
  • 移動時に水漏れをおこしてしまう
  • 洗濯機が故障してしまう可能性がある

 

水が残っていると重量が重い

洗濯機に水が残ったままになっていると当然残っていない時に比べ重くなってしまいます。
荷物は極力軽くしてあげることが引越し業者に対する気遣いですし、搬出時の余計なトラブルを避けることができます。

 

移動時に水漏れを起こしてしまう

洗濯機の運搬時に水が垂れてしまう可能性があります。
水は洗濯後の排水ですので綺麗なものではありませんし古い洗濯機では性能が落ちかなりの量の水が残っていることもあります。
その場合移動中排水を垂れ流し続けることもあります。
余計な作業を増やす原因となってしまいます。

 

洗濯機が故障する可能性

洗濯機を移動させることは運搬時の振動などもあり多少なりとも故障の危険を伴います。
特に中に水が残ってしまっているとその重量で故障のリスクが大きくなってしまいます。

 

 

以上、なぜ引越し時に水抜きが必要なのかおわかりいただけたかと思います。
水抜き自体とても簡単ですのでお引越し前日にやっておきましょう。
次の章で洗濯機の簡単水抜き方法について説明します。

 

引越し時の洗濯機の簡単水抜き方法

引越し時の水抜きの手順は下記のとおりです。
こちらではおもに縦型の洗濯機の水抜き手順となります。
(基本的にはドラム式も同様の流れとなりますが説明書などをご参照ください)

簡単洗濯機の水抜き手順

1.洗濯機の中を空にします

給水ホースの水抜き

2.電源がオフの状態で通常洗濯機上にある給水弁を閉じます(稀に洗濯機の下にある場合もあり)

3.電源を入れ洗濯機を通常運転で稼働させます

4.5分ほど運転させたあと洗濯機を停止させ電源をきります

5.洗濯機と蛇口を繋いでいる給水ホースを外します(多少水が垂れてしまいますのでタオルを用意しておきましょう)

洗濯機の水抜き

6.給水ホースを外した状態で電源を入れ脱水運転(最も短い時間で大丈夫)をします

7.完了後洗濯機内の水分をタオルで拭き取ります

 

★★ 業者に引越し依頼をしている場合は前日(当日朝)にここまでしておけば大丈夫です ★★

排水ホースの水抜き
(この作業は排水ホースを外したりする時に洗濯機を動かしたりする必要がありますので業者に任せて大丈夫です)

ご自身で洗濯機の移動をする場合に必要な作業です。

8.排水ホースを排水穴から外します。

9.排水ホースを洗濯機からも外せる場合は外して中に残った水を出してしまいましょう
(洗濯機から外せない場合は水垂に注意しながらホースを洗濯機に固定します)
 

以上が引越し時の洗濯機の簡単水抜き方法でした。
機種により多少の違いがある場合があります。
ご不明な場合は説明書などを参考にしてみてください。

15分ほどで簡単に完了しますので確実にやっておきましょう。